あたらしい二世帯にかえろう。
「二世帯住宅」と「親子同居」の実例をまとめた総合情報サイト
二世帯住宅のパイオニア、へーベルハウスが二世帯住宅の「今」をお伝えします。

二世帯住宅のカタチも、同居のスタイルもご家族の数だけあります。
へーベルハウスが様々なご家族の実例から学んだ、
「二世帯住宅」「親子同居」の失敗しないためのコツをご紹介します。

二世帯住宅の歴史「へーベルハウスと二世帯住宅」はこちらから

同居のストレスをなくす独立二世帯

生活空間のほとんどを共用する「べったり同居」。親世帯と子世帯が常に目の届く範囲で生活しているため、協力し合う関係が築きやすい反面、時に人間関係に摩擦が起きてしまうことがあります。

続きを読む

「気兼ね気苦労」は過去のイメージ?

二世帯同居の代表的なマイナスイメージといえば「気兼ね気苦労」でしょう。しかし現代では、「気兼ね気苦労の緩和」と「お互いの生活のサポート」という2つの「いいとこどり」の同居生活が行われているのです。

続きを読む

相続税対策にもなる二世帯住宅

親世帯と子世帯が1つ屋根の下で生活を送る二世帯住宅。しかし、「お互いの暮らし方」を考えた時に、同居すべきか別居すべきかで悩まれる方も多いのではないでしょうか。同居か別居か、実はこの判断が「相続税」にも影響することはご存知でしょうか?

続きを読む

夕食スタイルからタイプを選ぶ

二世帯住宅を考える時、独立タイプにするか、共用タイプにするか、共用タイプにするならキッチンだけ共用にするか、玄関まで共用にするか、といったことで迷う方も多いでしょう。

続きを読む

二世帯住宅、空き部屋ができてしまったら?

二世帯住宅の親世帯のスペースは、いつかは空いてしまうものですし、子供もいつかは独立するかもしれません。空いたスペースをどうするか、その使い方には、いくつかの方向性があります。

続きを読む

同居のメリットとデメリット

二世帯同居にはメリットもありますし、デメリットもあります。円満同居のためには、二世帯住宅を建てる際にその両方を考慮し、デメリットを最小限に抑え、メリットを最大限に活かすことが大切です。

続きを読む

二世帯で趣味の時間と自由空間

二世帯住宅や同居という言葉に、「1人になれるスペースやくつろげるスペースがない」というイメージを持つ方もいらっしゃるのではないでしょうか。家づくりの際のプランニングを疎かにしてしまうと、そういった事態が発生する可能性もあります。

続きを読む

二世帯住宅の「ゾーニングとルール」作り

お互いのプライバシーを尊重し、生活空間を分けた二世帯住宅を建てたのに、頻繁に顔を合わせてしまう。十分なプランニングをしていない間取りによっては、こういった問題が起きる場合があります。

続きを読む

二世帯住宅での嫁姑関係

嫁姑といえば「犬猿の仲」というのは、今や、昔の話です。時代は変わり、お互いにフォローし合う「Win-Win関係」の嫁姑が増えています。

続きを読む